性病検査キットはどれがいい?

もしかしたら自分は性病かもと思っている人が多くいるかもしれません。病院に行くのは恥ずかしいから、家でもう少し気軽に検査できるものがないのかと探しているアナタ。このサイトではそんな性病検査キットについて情報をご紹介したいと思います。

コスパの高い性病検査キットは?

自分が性病に感染しているかもしれないと不安になってくる人がいるようです。最近は、自分で使用できる検査キットが流通しています。それで調べてみれば、大まかな傾向はつかめますので、次のアクションを起こしやすいでしょう。
ただ、検査キットの種類が多いだけに、値段もかなり幅広いです。最も、コスパの良い性病検査キットは、どう選んだらいいのでしょうか。そのポイントは、購入目的が何かにかかっています。
もし、性風俗店での行為での病気が心配だとか、新たに付き合う異性ができたので自分に性病がないことを確認しておきたい、というときあれば、選択基準として、最も感染しやすい病気と、感染したら著しく困る病気を選ぶことです。なお、感染の可能性が高い性病はクラミジアです。自覚症状のない人も含めると、日本国内だけで100万人以上の感染者がいるとされています。こわいのは、自覚症状がないだけに、自分が感染している事実に気づかず、さらに二次感染を拡大してしまう点です。
次に、淋菌です。これも、クラミジア同様で、感染しても自覚症状が出ないことがあり、また、治療をしないでいると、不妊症の原因にもなりかねません。
片や、可能性はあまりないものの、もし感染するとい大変な事態を招く性病というのは、HIV、梅毒、B型肝炎の3つです。
HIVが危険な性病であることは、あえて申し上げるまでもありません。一旦、感染したら、事実上、完治はいたしません。しかも、感染してから放置しているとエイズにまで発展します。可能性はほとんど皆無に近いでしょうが、留意はしておくべきです。
結論としては、最も可能性が高い病気を疑うことと、そして、可能性は低くても重大な結果を招く病気も疑ってみることが大切なので、性病検査キットを選ぶときの基準にすべきです。

性病体験口コミ

性病を体験した方は、性病自体で苦しんだ経験をしているケースは余りありません。その多くの方の口コミが、あまり症状がなかったというものでした。その理由は性病の症状が病気によるものであると気づきにくいという事にあります。例えば、最も罹りやすいと言われるクラミジアは、女性の八割、男性の二割から五割が無症状であるとされています。そのため、気づかないままそれとない症状に悩むという事になりますので、あまりはっきりとした自覚症状が見られません。そのため、辛かった体験や苦しかった体験を語る人は少なくなるのです。さらに梅毒などは第一期の症状が無自覚であるとされていますし、非常に重い性病であるHIVも、10年の潜伏期の間に気づかない事はふつうの事といえます。
しかし、人によっては性病でかなり苦しんだという体験をしている場合があります。淋病では、女性は無自覚ですが男性は排尿時の尿道痛が強く、我慢できない程度であるとされています。そのため、尿意を我慢して出来るだけ貯めてから排尿するという人もいます。
また、性病による症状ではなく性行為感染症に自分がかかったという事が心理的に苦痛であるという体験をしているケースが多くなっています。確かに、性病に罹る事は人には言えない、恥ずかしいことであるという認識がある人が多く、中々自覚症状があっても受診できないといった場合もあります。そして、HIVに関しては他の病気に比べて圧倒的に身体的な影響が大きく、永続的な要素があるので、体験の中で自殺企図、希死念慮を訴えるケースもあります。また今後の将来像を描けなくなる等、人生設計を変化させなければならないという強い悲嘆を持つ事も多くなっています。
性病に罹る事で、様々な影響があります。ですから、避妊行動だけでなく、感染予防行動をパートナーと共に実践する事が大切といえるでしょう。

性病の検査は献血でもしてくれる?

献血に行ってみると、エイズウイルスの元であるHIVがあるかどうかの検査をします。この検査を受ける理由は、汚染されていない血液を供給するためです。一般的な病気と違い、性病については、あまり知られたくないものです。そこで、献血に行ってHIVの検査をしてもらえばいいではないかと考える人も結構いらっしゃるそうです。
しかし、ここで問題があります。献血での検査結果が本人に通知されない点です。感染がわかったとしても、献血場所では自分が感染者であるとは教えてくれません。そもそも献血は血を集めるために行われていますから、性病検査のために利用されては大変です。ここで集められた血は、手術や治療に使われます。 検査を受けにくる人が性病検査の人ばかりでは安全な血液の供給が難しくなります。保健所の検査なら無料でやってくれますし、匿名の状態で受けられます。性病になったのかどうか確認したい人はそこを利用しましょう。
保健所で受けるメリットの1つは先ほども書いた匿名性です。検査を受ける際には、自分の名前を言う必要がありません。病院で受けると、保険証や診察券などが必要になりますが、ここではいりません。また、検査の際に他の人に遭遇しないよう、一定の配慮もしてくれます。そして、検査結果も本人に直接連絡が入るので他人に知られることもないです。注意として、電話や郵送での結果通知はしていませんのでそのあたりの確認はしましょう。保健所で行っている性病の検査はだいたい、HIVや梅毒、クラミジア、淋菌といった一般的なものが中心です。それらは、採血と採尿が中心で検査されます。検査の頻度は1~2週間の間に1回ぐらいになっています。受ける検査によっては、検査日を決められているもの、1回の定員が決められているものなど色々とあります。ですので、保健所に出向くときはあらかじめ問い合わせるようにしましょう。
●性病検査で引っかかったら
ジスロマックを通販で購入する際の注意点
●一度の使用で長期間効果を発揮します
アジスロマイシン
●検査に行きにくい人はまず自宅でチェック
エイズ 検査
●副作用の少ない塗り薬で治療しませんか
フロリードDクリーム