もしかしたら自分は性病かもと思っている人が多くいるかもしれません。病院に行くのは恥ずかしいから、家でもう少し気軽に検査できるものがないのかと探しているアナタ。このサイトではそんな性病検査キットについて情報をご紹介したいと思います。

マクロライド系抗生物質を使って夫妻で性病治療

夫妻間の性交渉が原因で性病に感染すると、問題がこじれることになりがちです。お互いへの信頼は大きく損なわれ、最悪の場合は離婚に至ることも珍しくありません。感染しても長い間症状が出ない場合も多く、感染経路の特定が難しい上に、妊娠すれば子どもに悪影響を及ぼす可能性も考えられます。不特定の相手と関わらないこと、コンドームを適切に利用することは性病予防の基本です。また夫妻ともに心当たりがなくても、定期的な検査を受けることは大切です。
性病の中でも最も多いとされるのがクラミジアです。重症になることは少ないものの、保菌者はエイズに感染しやすくなると言われています。クラミジアの治療薬としては、第一にマクロライド系抗生物質が用いられます。マクロライド系抗生物質は細菌のリボゾームに作用して、タンパク質の合成を阻害し、増殖を抑える効果があります。重大な副作用が少なく、比較的安全な薬ですが、飲み合わせの問題もあるため、医師の処方のもとで利用するのが原則です。近年では効き目が長く続き、1回の服用でクラミジアを治せる薬も開発されています。ただしマクロライド系抗生物質には耐性菌が生じやすく、もし細菌が生き残っていると根治が難しくなるため、慎重に使用しなければなりません。
自分に心当たりがあってパートナーに知られたくない場合、個人輸入代行業者の通販サイトで薬を入手することも可能です。しかし耐性菌が生じて治らなくなる危険や、相手に感染させてしまう危険もあります。もちろん偽薬を購入させられるリスクもあり、副作用がないという保証もありません。性病を完全に克服するには、基本的に夫妻が協力して治療に取り組む必要があります。