もしかしたら自分は性病かもと思っている人が多くいるかもしれません。病院に行くのは恥ずかしいから、家でもう少し気軽に検査できるものがないのかと探しているアナタ。このサイトではそんな性病検査キットについて情報をご紹介したいと思います。

性病のクラミジアと電撃性紫斑病について

クラミジアは世界で最も感染者が多いとされる性病ですが、感染力が比較的弱い細菌によるものなので早期に発見すると簡単な治療をするだけで完治させることができます。大切なのはクラミジアの治療を終えた後にもう一度検査を行って抗体の有無を確認することで、抗体が全く無い状態を確認しないとクラミジアによる感染を完了することはできません。治療後に細菌による抗体を検査するのは性病では一般的に行われていて、梅毒や淋病なども同じように最後に検査をしてから治療を完了します。クラミジアは粘膜に直接触れないと感染しないので一般的には感染リスクの少ない性病なのですが、若い女性の3割程度がクラミジア菌の保有者とされているので、セックス以外でも感染する可能性があります。特に温泉などでは粘膜の接触の可能性が高いので、クラミジアが付着した洗面器などを使用することで細菌性結膜炎になることがあるので、セックスをしていなくても性病になるリスクがあります。電撃性紫斑病は体の表面の毛細血管などが炎症を起こして出血することで痙攣などの症状を引き起こすもので、主に新生児に多いとされていますが、様々な原因が指摘されているので、電撃性紫斑病を治療するのは難しいとされています。とくに風疹などに感染した後の小児が電撃性紫斑病になることが多いので髄膜炎菌が原因である可能性も指摘されています。手足の表面の皮膚の細い血管が出血するので紫色や青色に皮膚が変色するので電撃性紫斑病と名付けられています。また水ぼうそうやブドウ球菌でも電撃性紫斑病を起こすことがあるので、症状が出たらすぐに大学病院などの難病治療のできる施設で適切な処置を受けることが重要です。